Home

放っておくと危険な症状や兆候と言うのはいろいろある

病には思いもよらないところで発症したり、気付かないうちに悪化してしまい、大事になるケースも少なくありません。いつもの頭痛だろう、ただの便秘だろうなどと放っておくと、それが大きな落とし穴となることがあります。

例えば、女性は生理痛に悩まされることがあります。女性なら誰でもあることなので、放置する人も少なくありません。しかし、ひどい生理痛の場合、放っておくことで危険な状態になってしまうこともあります。

将来的にがんや腫瘍などが発生する確率が高くなったり、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠されていることがあるからです。これらの治療を早急に行わないことで、卵巣のう腫や卵巣がんなどが発症してしまうこともあるため、注意が必要です。

また、最近よく注目されているPMSということも考えられます。単なる生理痛ではなく、心身のいたるところに様々な症状が出てしまうというものです。生理の度に起きてしまうことから、毎月、悩まされるという人もたくさんいます。主な症状としてはイライラ感や体のだるさなどです。

イライラ感は他人にも迷惑をかけてしまったり、仕事にも支障が出てしまったりするため、これもまた早急に適切な治療を行うことが大事です。

普段から自分の体調に目を向け、定期的に健康診断を受けたり、気になることがあれば病院に行くなどの対策を怠らないようにしたいものです。

【特殊なケース1】無謀なダイエットを続けた結果

女性にとって永遠のテーマとも言えることは、ダイエットかもしれません。適性体重であってももっと痩せたいと思う女性はたくさんいます。ダイエット法はたくさんあるので、いろいろと試しているという人も少なくありません。

ある女性のダイエット法は、サプリメントだけで生活をするというものでした。とにかく手っ取り早くて手軽に結果を出せそうなダイエット法を実践してみることにしたのです。

今の時代、サプリメントは手軽に手に入れることができますし、サプリメントはいつでもどこでも摂取することができて便利です。仕事をしている女性にとっても役立ちます。

ところが、この生活を続けていたところ、栄養失調で倒れてしまったのです。そもそもサプリメントというのは栄養補助のために利用されるものなので、きちんとした食生活をした上で補助するものと言えます。

この女性の場合、食生活がなかったことから、サプリメントだけでは満足のいく栄養を補給することができなかったというわけです。

手軽に手に入るビタミン剤や、コラーゲンドリンクやプラセンタドリンクだけを飲んでいても、肌がキレイになることもありませんし、食事があるからこそ、ダイエットも成功するということになります。栄養失調ではキレイな見た目にもならないので、これは失敗したダイエットと言えます。

【特殊なケース2】カミソリでムダ毛を剃った結果

女装が趣味という男性が増えてきています。人に迷惑をかけないような趣味なら、特に問題ありません。単純に格好だけを女性の服装にするという人もいれば、もっと徹底的に女性になりきるという男性もいます。例えば、ムダ毛処理をするという男性も多くなってきているのです。

ある男性は女装をするために、完全な状態にしたいと思い、カミソリでムダ毛処理をしました。ここまでは問題ありませんでしたが、何度もやっているうちに蜂窩織炎(ほうかしきえん)になってしまったのです。

この病気の症状としては、患部が腫れたり、熱が出たりすることが主なものです。また、悪寒や頭痛に見舞われることもあります。原因としては、脚の毛を剃る際、古いカミソリを使ってしまったことです。古いカミソリを使ったことで小さな傷を作り、そこからばい菌が入ってしまったのでした。

メンズの脱毛は今や一般的となりました。しかし、とうの男性はあまりこういった病名も知りませんし、まさかムダ毛処理によって発熱するとも思っていません。幹部が腫れてから慌てて病院に駆け込むということがほとんどです。

女装は楽しく健康的に行うことが一番です。ムダ毛処理をするのなら、清潔で安全なカミソリを使うか、専門の脱毛サロンを訪れるなどしてみることが大事です。

新着情報(2014年4月1日リニューアルオープン!)
2014年4月14日
NEW! 飛蚊症と間違えて放置
2014年4月11日
便秘を放置
2014年4月9日
虫歯を放置
2014年4月8日
高血圧を放置

ケータイ家庭の医学

ケータイ家庭の医学

モバイル版の家庭の医学です。累計330万分の家庭の医学を、月額300円でいつでもどこでも見ることができて安心、便利です。

ジャストアンサー医療

ジャストアンサー医療

医師や看護師にネット上で直接質問ができるサイト、ジャストアンサー医療です。病院に行くべきかや何かに行くべきかなどを専門家に質問できます。

救急相談センター

救急相談センター

すごく具合が悪い。でも救急車を呼ぶほどのことかどうかが微妙。迷ってしまったそんな時には、まず救急相談センターに電話しましょう。